前橋女子高等学校の概要

生徒の行動目標 前女の沿革 所在地 校章の由来 特色ある施設・設備

生徒の行動目標

「言うは易く行うは難し」といいますが、前女生の日頃の生活・学習に対する努力目標として掲げられているものです。


前女の沿革

明治43年 前橋市立高等女学校として設立される
明治45年 群馬県立前橋高等女学校となる
昭和20年 空襲のため一部を残して校舎焼失
昭和21年 理研前橋工場青年学校跡に移転
昭和23年 学制改革により群馬県立前橋女子高等学校となる。現在地に移転する
昭和28年  現在の校歌制定
(高橋元吉作詞、下総皖一作曲) 
昭和30年 制服制定
昭和31年 講堂兼体育館落成
昭和55年 体育館(現第2体育館)落成
昭和61年 セミナーハウス(光慧館)竣工
平成 3年 創立80周年記念式典を行う
平成 6年 新体育館(現第1体育館)竣工
平成12年 創立90周年記念式典を行う
平成22年 創100周年記念式典を行う
平成25年  文科省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける 
卒業生数 31,386人(平成27年度まで)
   
このオルガンは明治時代のもので、前女の備品第1号である。
「1,風琴四十三年四月」とある。(前橋教育資料館所蔵)


所在地

〒371-0025
群馬県前橋市紅雲町二丁目19-1
電話 027-221-4188  FAX 027-243-2676


校章の由来

「M」の白は清純、「高」の青はすがすがしく明るく新時代に立ち向かう若者の意気を象徴しています

特色ある施設・設備

冷暖房完備の学習室は、早朝や放課後にたくさんの生徒が自主学習の場として利用しています。
日曜、祭日、休業日にも利用できます。セミナーハウス(光慧館)は、クラス・部活動の合宿や活動などが行われます。
図書館は、県内屈指の蔵書数を誇り、昼休み・放課後は学習の場として利用されています。
2つの体育館では、部活動が活発に行われています。

学習室(早朝から夕方まで使えます) 光慧館(2クラス宿泊可能) 図書館 
第一体育館 トレーニングルーム(第一体育館下) 視聴覚・情報室

群馬県立前橋女子高等学校 教育情報部情報課

このページを閉じるときは、画面右上の×を押して下さい